【教区教化テーマ】 ともに目覚め ともに歩もう —出遇い続けたい人 そして 言葉—
教区からのおしらせ・レポート
  • HOME »
  • 教区からのおしらせ・レポート »
  • ■▼▼ レポート

■▼▼ レポート

【レポート】 邑久光明園交流会(教区教化委員会社会問題ハンセン病療養所交流部会)

2018年5月7日、小雨の降る中、邑久光明園での交流会に参加しました。  法話は藤本浩之氏(第4組誓福寺)。名前を名告ることの大切さについてお話されました。 「子どもの頃、とある事情で本名と違う名前で呼び育てられました。 …

【レポート】ハンセン病問題学習会(広島)

社会問題部門では、二〇一八年二月二十二日(木)、教区同朋会館(広島)において、「ハンセン病の歴史と大谷派の願い」をテーマにハンセン病問題学習会を開催した。 講師は、田村朋久氏(長島愛生園歴史館学芸員)と中杉隆法氏(社会問 …

【レポート】 1/18 教区新年互礼会

2018年1月18日(木)午後18:00~、広島オリエンタルホテルにおいて教区新年互礼会が開催されました。70名を超える大勢の参加者の元、山陽教務所所長の 木曽修 所長の挨拶、山陽教区会議長の泉原寛康氏の挨拶のあと、教区 …

【レポート】 1/17 阪神淡路大震災追弔法要(教区仏教青年会)

2018年1月17日(水)5:46~ フレール須磨たかとり東集会所にて、阪神淡路大震災追弔法要が開催されました。仏教青年会を中心とする若手僧侶によるお勤めとお話ということで、震災の時刻5時46分に、仏教青年会会長の藤谷 …

【レポート】 1/15 コミュニケーション講座

2018年1月15日(月)14:00~17:00、山陽教区同朋会館・姫路の講堂において、教学・研修部門主催の研修会が開催されました。 講師は、以前にも山陽教区でお話いただいたことのある三橋尚伸先生(大谷派の僧侶であり、産 …

【レポート】7/24~31 FCプロジェクト

2017年7月24日から31日まで『FCプロジェクト(福島被災児保養一時受入事業)』が行われました。 『FCプロジェクト』に初めて参加をしましたが、スタッフの皆様と協議を重ねたり、事前準備をしたり、事前学習会での講義を聴 …

【レポート】7/6非核非戦法会兼原爆死没者追弔会

7月6日(木)14時より、広島別院にて非核非戦法会兼原爆死没者追弔会が勤修されました。お勤めには鸞聲会(らんじょうかい)や准堂衆会の加勢もあり、約30名のお参りがありました。 講師は北広島町光楽寺前住職の菅川良智師。 真 …

【レポート】6/26 長島愛生園交流会

教区の教化委員会が新体制になり、社会問題部門としての初めての交流会。隔月で長島愛生園、邑久光明園を訪ねていますが、本日は愛生園へ訪問しました。 新しい部員、様々なコミュニティ活動に取り組まれている若い方々、小さな子どもた …

【レポート】6/20 山陽教区教誨師会・保護司会 合同研修会 開催

2017年6月20日、山陽教区同朋会館にて山陽教区教誨師会・保護司会主催の合同公開研修会が行われた。講師にNPO法人 ギャンブル依存ファミリーセンター ホープヒル代表 アディクションカウンセラーの町田政明氏を迎え、「ギャ …

備後組宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要

 5月23日備後組では「備後組宗祖親鸞聖人七五〇回御遠忌法要」を宣心院殿御参修の下、広島県民文化センターふくやまを会場に、山陽教務所長様、山西各組組長様にご臨席賜り、530名の御同行とご一緒に厳修いたしました。  テーマ …

第10回真宗大谷派ハンセン病問題全国交流集会

今年は、らい予防法廃止から二十年、そして宗門が「ハンセン病に関わる真宗大谷派の謝罪声明」からも二十年目の年である。四月十九日から二十一日にかけて、第十回真宗大谷派ハンセン病問題全国交流集会が「私たちの歩み そこには人がい …

二十一年目の震災法要

1月17日、復興住宅フレール須磨たかとりの集会所にて阪神淡路大震災追弔法要が勤修された。 毎年、山陽教区では仏教青年会を中心として、阪神淡路大震災追弔法要が執り行われている。 地震発生時刻である午前5時46分に伽陀、表白 …

秋安居開講

12月17日~18日、備後組明圓寺を会所として山陽教区秋安居を開講し、本多弘之氏(親鸞仏教センタ―所長)に「金剛信の獲得」という講題で御講義をいただいた。 講義は『教行信証』「信巻」の中心的課題である「金剛の信心」につい …

教区ハンセン病問題学習会

2015年10月27日、山陽教区同朋会館(姫路)において、教区教化委員会施設交流部主催によるハンセン病問題学習会が開催されました。 この学習会は、ハンセン病問題における人権侵害の歴史や隔離政策の誤り、大谷派の関わり、歩み …

被爆七十周年 非核非戦の集い

10月3日、姫路船場別院本徳寺にて、「被爆七十周年 非核非戦の集い」が開催されました。秋晴れの下、300名を越える参加者がありました。前半が講演、後半がコンサートという二部構成でした。 前半では、長田浩昭氏(京都教区法伝 …

邑久光明園交流会レポート

三月十六日、春といっても暖かすぎる気候の中、邑久長島大橋を渡った。「こんなに霧が深いのは初めてやわ」と、光明園の職員の方も驚くほどの海霧の中は肌寒く感じた。 この日は、石田裕園長が退任されるとのことで、光明会館で挨拶があ …

FCプロジェクト開催

去る2014年7月27日~8月1日、FCプロジェクト(福島被災児童保養一時受入事業)が実施されました。今年は男子6名、女子4名、計10名の小学生を福島県内より迎えました。 日程は初日と最終日は教区同朋会館での全員でのお泊 …

長島愛生園交流会に参加して

「ちょっと遠いし、どうしようかな。」 失礼な話ではありますが、これが長島愛生園交流会に誘われたときの私の正直な気持ちでした。そんな思いでしたが、私が委員長を務めさせていただいている教区仏教青年会に講師の依頼があり、藤谷真 …

阪神淡路大震災の集い

三月六日、神戸市教育会館で「阪神淡路大震災のつどい」が開催された。阪神淡路大震災から十八年、東日本大震災から二年目に当たる今年度は、昨年度の願いを引き継ぎ、両震災を通してあらわになった現実を見つめることを趣旨として日程が …

ハンセン病問題学習会

6月11日(月)、備後組光圓寺にて「ハンセン病問題学習会」が開催されました。 最初にドキュメンタリー映画「もういいかい~ハンセン病と三つの法律~」が上映されました。この映画は、ハンセン病患者の運命を決定づけた1907(明 …

光明園交流会

5月17日、岡山の光明園で施設交流会が開催されました。お天気も良く、とても気持ちの良い日でした。 この日の御講師のお話の中で「咲いている花が思う色と、私たちから見る花の色は同じなのでしょうか。」という言葉がありました。と …

船場御坊こども花まつり

2012年5月12日さわやかな青空のもと、こども花まつりが開催されました。 花まつりはお釈迦さまのご恩を思いお誕生を心からお祝いしたいという御仏事ですが、今年は昨年3月11日に発生した東日本大震災へのチャリティーも併せて …

愛生園交流会

初夏の陽気を思わせる四月二十四日、愛生園を訪れた。やわらかな新緑の中、車を走らせ瀬戸内の穏やかな海を眼下に橋を渡る。 島のもう一つの療養所の光明園に初めて訪れた時、私は思わず園の方に「きれいな所ですねぇ」と言葉を交わして …

三園合同花見会

去る4月5日、邑久光明園にて三園合同花見が開催された。桜の満開には少し早かったが8回目を迎える今回には、150名近くの多数の参加者があり、会場である恩賜館だけでは足りず第2会場まで設ける盛況ぶりであった。遠近各地(大阪、 …

阪神淡路大震災のつどい

去る三月七日、神戸市教育会館において、阪神淡路大震災のつどいが開催されました。今回は、東日本大震災一周忌の意義も含めて全員で正信偈のおつとめをし、講義、対談の時間をもちました。 講師の佐々木道範氏(仙台仏青委員長、NPO …

長島愛生園交流会

2012年2月22日、長島愛生園へ行かせていただきました。参加者は、入所者の方も合わせて20名程でした。 勤行、御講師のお話。そしてその後は、マイクを回しながらの座談会でした。 園の方はいつも「よく来てくれたね。」と笑顔 …

儀式研修会(広島)

 2009年6月23日、広島別院にて儀式研修会として声明(読経)講習が開催されました。御講師は本山本廟部堂衆の菅生考純師に務めて頂きました。参加者は20名弱でした。  声明講習といえば普通、節符(楽譜)の微妙なニュアンス …

儀式研修会(姫路会場)

 今年度、研修部では2回の儀式研修会を予定いたしました。その第1回目は4月10日に教区同朋会館で行われました。出席者は31名で、講師は本廟部堂衆の鈴木友好氏をお迎えいたしました。  研修内容は2011年の春、御遠忌法要に …

2007年度秋安居

 金木犀が仄かに香る10月3日〜4日。2007年度の「秋安居」は講師に大谷大学教授の安冨信哉先生をお迎えし、44名の参加を得て、広島県福山市で開催されました。  講題は、「真実信の開顕−『顕浄土真実信文類』講究−」で、『 …

PAGETOP
Copyright © 真宗大谷派(東本願寺)山陽教区 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.