【教区教化テーマ】 創造と回復 温もりのあるお寺をともに!

船場御坊本徳寺ご案内

  • HOME »
  • 船場御坊本徳寺ご案内

                                  ご案内
 船場本徳寺は、「船場御坊」の名前で地域に親しまれているが、正式には「真宗大谷派姫路船場別院本徳寺」という。真宗大谷派は、いわゆる東本願寺(正式名称「真宗本廟」)を本山とする宗派で、本尊は阿弥陀如来、宗祖は親鸞聖人である。
 本徳寺のはじまりは、蓮如上人がその晩年、空善をはじめとする弟子たちを播磨に派遣したことによる。空善らは英賀の浦に蓮如上人を開基とする道場を建立し、教えをひろめた。この道場が二代実玄、三代実円のころには本徳寺と称し、本願寺の御坊寺院として播磨教団の中核となった。
 天正年間、豊臣秀吉の播磨攻めによって攻撃を受けた本徳寺はその後、秀吉により英賀から亀山に移転させられた。
 慶長年間に本願寺が東西に分派した際、亀山本徳寺ははじめ東派に属したが、後に東本願寺教如上人と姫路藩主池田輝政との間に確執が生じ、西派に転じた。その後、池田家が没落し、かわって姫路藩主となった本多忠政が元和四年(一六一八)に船場の寺地を東本願寺宣如上人に寄進し、教珍が住職として入寺した。ここに船場本徳寺が成立し、四百年の歴史を刻み始める。

真宗大谷派 姫路船場別院
轉亀山 本徳寺

   本徳寺   〒670-0044     姫路市地内町1番地
寺務所 ℡ 079-292-0580 / FAX 079-228-0415
寺務取扱
午前9時~午後4時

PDF版 「船場御坊本徳寺案内状」

                 

TEL 079-292-3690 9:00-17:00(平日)

PAGETOP
Copyright © 真宗大谷派(東本願寺)山陽教区 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
error: Content is protected !!