2012年5月12日さわやかな青空のもと、こども花まつりが開催されました。

花まつりはお釈迦さまのご恩を思いお誕生を心からお祝いしたいという御仏事ですが、今年は昨年3月11日に発生した東日本大震災へのチャリティーも併せて行われました。

午前11時に船場本徳寺本堂にて開会を迎えました。その後、法話・バザー・コンサート・ゲーム・甘茶・人形劇・ダンス露天・東北物産展・震災写真展・フリーマーケット・など練習や会議を重ねてきたスタッフの思いが形になり、老若男女問わず、多くの参詣者で境内が賑わいました。

今年の花まつりは開催趣旨が例年とは違いましたが、スタッフの思いが花まつりのご縁を通して、より震災を身近なこととして参詣者の方々にも考えて頂けたなら幸いです。また、こども達も一人一人が、生まれたことの尊さ、喜びを感じることのできる機縁になることを念じております。花まつり開催にあたり、ご協力を頂きました皆様方に厚く御礼申し上げます。(青少幼年部)

追記◆こども花まつりの売り上げについて(青少幼年部/児童教化連盟)

さる5月12日(土)、姫路船場別院本徳寺にてこども花まつりが開催されました。バザー、露店をあわせ66,680円の売り上げとなりました。この売上金は東北地方太平洋沖地震における復興支援金とさせていただく予定です。ご協力いただきありがとうございました。