5月17日、岡山の光明園で施設交流会が開催されました。お天気も良く、とても気持ちの良い日でした。

この日の御講師のお話の中で「咲いている花が思う色と、私たちから見る花の色は同じなのでしょうか。」という言葉がありました。とても深い言葉でした。

今日のこの五月晴れの天気ですら、私自身の様々な状況、思いによっては、見え方も感じ方も変わってくるのではないでしょうか。周囲にこのように感じて欲しい。こんな場所に咲きたいと願いながら花は咲いていないと思います。見る側である私たちの心が その色を、その姿を自分の都合で様々に感じているのではないでしょうか。

帰りにアマリリスの鉢をいただきました。まだ蕾なので、子供達と咲くのを楽しみに 毎日水やりをしながら観察しています。日々少しずつ葉や茎の様子が変化しています。その様子を見ていて、私は今まで花を咲かせる為に頑張っている根や茎や葉等を見ていなかったことに気づかされました。咲いている花だけを見ていたことに。

これからは、見える事柄だけではなく、心の目で見ていくことのできる私になっていきたいと改めて思いました。(施設交流部員)